手帳術

バレットジャーナルで、なりたい自分になれる?ズボラな人にピッタリのシンプル手帳術

f:id:jasminekyoko:20190102221429j:plain

明けましておめでとうございます。

ジャスミンKYOKOです。2019年もよろしくお願いします。

今宵の記事は「手帳術」です。

毎年、わたくしジャスミンは年末に手帳を買い、スケジュールを書きこんでいましたが、どうしても「やり忘れ」「忘れ物」「やらなければならないことを後回しにしてしまう」など、人生は有限なのに致命的な欠点を持ったまま、アラフィフまで生きてきました(笑)。

すると、Yuriさんのブログ記事↓で、「バレットジャーナル」の記事を見つけ、その手帳術を初めて目にし、ものすごく興味が沸いてきた・・・!

 

www.yuriartlife.com

Yuriさんみたいにキレイなイラストノートにするのは難しいけれど、色々調べて行くうちに、これならズボラでマメじゃない私にも出来るかも!?という方法を発見!

日記も、3行日記も、続いたことない私にも何か、うっすらと期待感が・・・。

私のように、「何、それ?」と思った方や、忘れ物などが多いうっかりさんなどにピッタリの手帳術なので、ちょっと気になってみてくだされ。

  


  • 私はとにかくシンプルにした方が続く
  • 自分オリジナルの記号でもOK
  • まとめ
  • 興味が出てきた時に本屋で出会った本

    f:id:jasminekyoko:20190102215538j:plain

    「箇条書き手帳でうまくいく はじめてのバレットジャーナル」Marieさんの著書です。

    本屋に行ったとき、偶然目にしました。

    「あ!バレットジャーナルって書いてある!」早速手に取ると・・・。

    むむ! これはズボラな私でも出来そう・・・。

    とつい、買っちゃいました( ̄▽ ̄)。

     

    バレットジャーナルとは

    f:id:jasminekyoko:20190102232238p:plain

    アメリカ発祥の手帳術で、「学習障害」を持ったライダー・キャロルさんという方が、困難を乗り越えるために開発したもの。

    箇条書きと記号で、タスク(やらなければならないこと)やスケジュール、メモなどを管理できる方法。

     

    ズボラな私にもできそうと思ったわけ

    f:id:jasminekyoko:20190102232759j:plain

    ネットで色んな記事や画像を観ていると、デザインに凝ったり、可愛く飾ったり、イラストを描いたり、カラフルなバレットジャーナルが目立ちます。

    確かに、素敵・・・。

    今までの私だったら、迷わずそうしたでしょう。

    でも、アラフィフで、自分の習性はわかっています(笑)。

    私のようなタイプは、最初からそんなハードルを高くすると、ノートを作るのに疲れて、本来の目的の「タスクやスケジュールを管理する」ことの方がおろそかになるのはもう、分かりきっていた。

    この本のような、シンプルで基本のバレットジャーナルならやれそうと思ったのです。

     

    しかも、偶然2019の手帳はノートにしていた

    f:id:jasminekyoko:20190102223822j:plain

    ↑このカレンダーシールの存在を知ってから、普通のノートを手帳にしてみたいと思ったのだ。

     

    f:id:jasminekyoko:20190102224032j:plain

    ↑しかも ノートではなく、ルーズリーフにしてみた。

    足りなくなったら補充もできるし、シュレッダーで翌年処分するときも、用紙を外しやすいのでやりやすそうだったから。

    手帳の巻末の余白のページに、行きたいと思った場所やレストランの名前、観ようと思ってる映画のタイトルなどを書きとめていたので、毎年手帳が変わる度に書き写していたのが面倒だったけど、これからはそのページを残して、後は処分できる。

    我ながらいいこと思いついた!と思っていたところに「バレットジャーナル」という手帳術があることを知ったので、さらに良くなった♪

     

    バレットジャーナルの構成

    f:id:jasminekyoko:20190102231258j:plain

    インデックス

    手帳の目次のページ。

    マンスリーログ

    月の予定を書く。

    予定でなくても、その月にやりたいことを書く。

    私は月ごとのシールのページをマンスリーログにしました。

    もちろん、手書きで1か月分の日付を書いて作ってもOK。

     

    デイリーログ

    毎日、日々のタスク(やらなければならないこと)やイベント、この日にやりたいと思ってることなど、なんでもブッコミで書く。

    1日に1ページ使ってもいいし、余ったら、下に次の日を書いてもOK。

    例えば、元旦のわたくしジャスミンならば、

     

    2019-JANー1(Tue)晴れ

    ●実家へ帰省

    ●初詣

    □古いお守りを神社へ返納

    □お守りを買う

    □父の誕生日ケーキを買う

    □お年玉を持っていく 

    □ブログをアップ

     

    こんな感じ。

    後で説明しますが、記号で分けています。●がその日のイベント、□がその日にやるタスクです。

     

    フューチャーログ

    ここ半年や1年のイベントや、その期間にやりたいこと、習慣づけたいことなどを書きます。

     

    私はとにかくシンプルにした方が続く

    f:id:jasminekyoko:20190102230332j:plain

    この著者のMarieさんと同じように 私もカラフルにしようとしても、いつも色ペンを持ち歩くのを忘れるタイプなので、1本の黒いペンで書くことにしました♪

    しかも、私はノートをずっと取っておかないと決めたので、あまり気合入れて書くと、続かないし、もし奇跡的に続いたとしてもそのノートを処分しづらくなるに違いないので、できるだけシンプルにすることにした。

    まずは「マンスリーログ」と「デイリーログ」のみ実践することに。

    ルーズリーフなので、後からページを加えることも出来るので、続けられそうだったら「インデックス」と「フューチャーログ」も書いてみます。

     

    自分オリジナルの記号でもOK

    バレットジャーナルではタスクの前に記号をつけて、それが予定なのか、タスクなのか種類を分けたり、タスクが終了したのか、今途中、先送りしたなども記号で表して、観た時にすぐ分かるようにします。

    シールでもかわいくできますが、私はシールを持ち歩くマメさがない(笑)ので、やはり手書きの記号(KEY キー)を使うことにします。

     

    f:id:jasminekyoko:20190103000019j:plain

    ↑ネットや本を参考に私が考えてみたキー。

    キーのページは手帳の一番最初に設置しよう。

    ⇒「LISTに移行」は、観た映画は、「映画リスト」に、素敵なレストランを教えてもらったりした時は「行きたいレストランリスト」に書き写します。

    来年はこのデイリーログは処分するため、「リスト」部分のみ残すためです♪

     

    まとめ

     これからやってみるので、まだ結果については分からないですが(笑)、楽しくなってきました(^^♪

    まずは、タスク(やること)を忘れないように管理する。

    これが第一。

    で、やりたいことや、習慣づけたいことなども増やして、把握していけたら嬉しい。

    先送り癖や、やらなくていいことを見つけてDappiすることもボチボチ進めていけたらなあと思っとります。

    1か月後に経過をアップします。

     ⇩amazonでもバレットジャーナル関連充実してましたよ♪

    箇条書き手帳でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

    ⇩楽天も

    楽天でも買えます バレットジャーナル関連の本

    ※どちらもチラ見できます 

     

     

     


     

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です